FC2ブログ

過保護と言われようが。

「セナが歩かないんだよ」
朝の散歩後の、
おとうはんのこの一言から
六つの目による
セナの観察が始まった!
201807021634228b1.jpeg
「だるそうだ」
「ご飯は食べた」
「歯磨き嫌がった」
「やる気がない」
いつも通り、と言えばその通り。
いつもより、と思えばそうも思える。

こんなときは、何はともあれ
「獣医さんに行こう!」

体温は平熱。
心雑音なし。
エコーでも臓器に異常は見られず。
「もし詳しい検査をするなら
血液検査とレントゲンも
しますが。」

食欲も通常で、
お腹も壊してない。
吐くことも無いし、
水をがぶ飲みすることもない。

「暑さによるものであったとしても
経過観察するとしても
点滴はした方が良いと思います」

「あ、じゃあ今日のところは
そうしてください!」



いもうとはんが出勤して
観察の目が四つになったからか
診察して点滴した〜
という安心感からか
20180702163849b6f.jpeg
少し元気になったように
見えるじゃない?


娘にも息子にも
心配性と過保護は相変わらず。
いや、むしろ、
この子達に対しては
尚更益々、
パワーアップしてるみたいな。
仕方ないよね、
大切で愛しくて
いとくるをしけれ、なんだから。


はにほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

若きドクターが、
犬の適温は
20度台前半なんです、と。
外気温が30度超えで、
室温が20度台前半。
気温差たるや!
おトイレ完全外派のうちの子は、
そりゃあ、バテるよね…












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)