3月9日。

流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます
せわしく過ぎる日々の中に
私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて
桜のつぼみは春へとつづきます



溢れ出す光の粒が
少しずつ朝を暖めます
大きなあくびをした後に
少し照れてるあなたの横で

新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと



瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい



砂ぼこり運ぶ つむじ風
洗濯物に絡まりますが
昼前の空の白い月は
なんだかきれいで 見とれました

上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げば それさえ小さくて

青い空は凛と澄んで
羊雲は静かに揺れる
花咲くを待つ喜びを
分かち合えるのであれば それは幸せ


この先も 隣で そっと微笑んで



保護犬のセナの誕生日は、
3月生まれだろうと言うことしか
わかりませんでした。

この、
レミオロメンの3月9日という歌が、
テンが繋いでくれたセナの
誕生日にぴったりで。

だから、
セナの誕生日は、
3月9日になりました。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

この3月9日、
セナは7歳になりました。








スポンサーサイト