国営公園―テン―

2009年、 9月22日、 今から 約1年前、
おねえはん一家は、初代 テンと 国営公園に 行きました。

いくぞー

この頃、テンは もう 後ろ足が、大分 弱っていて、かえって かわいそうでは、と
言う声も あったのですが、おねえはんが 断固断行。

かいちょう

出発は、快調な 滑り出し。

いもうとはんと

空中回廊を 通り、公園 奥の、大草原で 休憩。

おかあはんと
疲れたぜ~

おとうはんと

お水 がぶがぶ。

おねえはんと
はねてる~

さ、今度は 池の 横を通って、出口に 向かいますよ~!

いくぞー

既に 出遅れてる感。

そして、ついに、

ぺたん

座りこみ!!\(◎o◎)/!

本当に、ぺたんと、尻もちを つくような格好。
テン、よく ここまで、がんばった! よし、あとは みんなで

だっこ

交代で、だっこ。

テンは、ずっと、7キロくらいの、どちらかというと 細キャバでした。
晩年、とにかく 食べる、飲む、食べる・・・で、急激に 体重増加。
12キロに なっていました。(そのことは、よかったのか・・・反省しています)
そのテンを、交代で だっこして 歩きました。
この時のことを 思い出すのは、寂しくて、辛くて、苦しいです。
でも、本当に 大切で 幸せな 時間でした。
テンの、この、嬉しそうな 笑顔が、忘れられません。

ついたぞ~

国営公園は、テンと 過ごした、大切な 場所の 一つです。
その 公園に、一年たった 今、セナと 行くこと。
それは、嬉しい けれど、同時に、すごく、すごく 寂しい。
もう、テンと 行けないと いうこと。 テンを 抱っこして 歩けないと いうこと。
どうにも ならない、寂しさと、ギリギリの ところで、突っ張り合っていて、
それでも、歯を 食いしばって、今、セナと 過ごしています。
お兄ちゃんはね、って 言いながら、テンと 辿った道を、今度は セナと、辿っています。

やっぱり、この記事を 書くのは 苦しかったです。
セナ バージョンは、軽~く、楽し~く、綴るつもりです。
乞う ご期待!(あー 言っちゃった 言っちゃった)


↓おねえはんが 大好きな 可愛い テンの笑顔に
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト